市場組合案内

博多の歴史


※博多の上空写真

空の玄関口は「福岡」、陸の玄関口は「博多」。二つの名前が存在する福岡ですが、そのルーツはご存知ですか?
「博多」という地名は奈良時代の8世紀には登場します。

6世紀ごろの大和朝廷時代には、大陸との外交拠点(大宰府)として重要な場所でもあり、平安時代に入ると朝鮮・大陸との貿易の 中心地として栄えました。
さらに天正15年(1587年)に、アジアに向けた重要な港町と感じた豊臣秀吉が「博多町割り」という都市復興計画を実施しました。
今日の博多山笠の運営組織「流」の原型はこの時にできたと言われています。
徳川時代に、筑前ノ国に封ぜられた黒田氏は、赤坂山(現中央区・赤坂)を削り、築城し舞鶴城と名づけました(現在の城跡)。
大手門・赤坂門・舞鶴などはこの時にできた地名の名残です。城下町を黒田氏の出身地に因んで福岡と命名します。
以後町の中央を流れる那珂川を挟んで中洲の関所で区切られ、西側を武家がいる城下町の「福岡」、東側を町人(商人)の町「博多」と 区別して呼んでいました。

現在の博多駅

明治22年(1889年)、市制が施行され福岡市が誕生します。
翌23年の市議会において、「市名変更(博多市とする)」の建議が提案 されますが、議員票が同数だったため議長の票の1票差で否決され、 当時の国鉄の駅が「博多駅」となることで政治的な決着がなされたという エピソードがあります。

(左の写真は現在の博多駅です)

▲上へ戻る

博多の文化

博多祇園山笠

博多の文化の「祭り」。「祭り」といえば「博多祇園山笠」や「博多どんたく港まつり」が代表的です。
ここでは、その祭りに欠かせない唄などをご紹介します。


博多では、祝いの席ではもちろん、祭り、会合など宴席の最後に締めとして欠かせないのが
「博多祝い唄(通称「祝いめでた」)」と「博多手一本」です。江戸時代に始まった慣習ですが、
今日でも「博多祝い唄」のあと、「博多手一本」を入れるシーンがよく見られます。
最も有名なのは「博多祗園山笠」追い山(7月15日)の一番山笠櫛田入りのシーンです。

博多 祝い唄

元唄は、伊勢音頭と言われています。お伊勢参りに出かけた人たちが、そこで歌われる唄を覚えて、博多に持ち帰ったのが始まりです。
追い山のとき唄うのは1番のみ。通常は3番まで唄われます。結婚のときは5番、家が建ったときは4番のみ唄われます。

【1番】
祝いめでたの 若松さまよ 若松さまよ
枝も栄ゆりゃ 葉も繁る(しゅげる)
※エーイーショウエー エーイーショウエー
ショーエ ショーエ (ア)ションガネ
アレワイサソ エーサーソー エー ションガネ

【2番】
こちの座敷は 祝いの座敷 祝いの座敷
鶴と亀とが 舞い遊ぶ
(※はやし言葉繰り返し)

【3番】
こちのお庭に お井戸を掘れば お井戸を掘れば
水は若水 金が湧く
(※はやし言葉繰り返し)

【4番】
さても見事な 櫛田の銀杏(ぎなん) 櫛田の銀杏
枝も栄ゆりゃ 葉も繁る
(※はやし言葉繰り返し)

【5番】
旦那大黒 ごりょさんな恵比寿(えべす)
ごりょさんな恵比寿
でけた子供は 福の神
(※はやし言葉繰り返し)

【6番】
あんた(ああた)百まで わしゃ九十九まで
わしゃ九十九まで
ともに白髪の生える(はゆる)まで
(※はやし言葉繰り返し)


博多手一本

博多では決まりごとを決定したあとに、後日、異議を唱えないという暗黙の約束をする手順として「博多手一本」を入れます。祭りや会合などの締めにも使われます。宴席などでは、博多祝い唄のあとに「博多手一本」を入れます。福岡証券取引所でも、大初会・大納会で用いられています。作法は、足を軽く開き、手を肩幅に構えます。

よー シャン シャン
まひとつしょ シャン シャン
祝うて三度 シャシャン シャン
(よーと三度)


ぼんち可愛いや(博多どんたくの唄)

「博多どんたく港まつり」のパレードで杓子を叩きながら使う唄が「ぼんち可愛いや」です。「ぼんち可愛いや」は「ぽんち可愛いや」や「どんたく囃子」と呼ばれることもあります。

元唄は江戸で流行ったしりとり唄が、幕末頃に博多に持ち込まれたと言われています。原曲名は「おもちゃしりとり子供歌文句」です。元唄は「坊やはよい子だ寝んねしな 品川女郎衆は十匁 十匁の鉄砲玉 玉屋の花火は大先祖」です。「坊やはよい子だ」を大阪言葉の「ぼんち可愛い」に替え、「玉屋の花火は大先祖」を「玉屋の川いすっぽんぽん」に替えたそうです。

【1番】
ぼんち可愛いや 寝んねしな
品川女郎衆は 十匁
十匁の鉄砲玉
玉屋が川い すっぽんぽん

【2番】
一度は気休め 二度は嘘
三度のよもやに ひかされて
浮気男のくせとして
女房にするとは 洒落かいな

【3番】
もうしもうし車屋さん
ここから柳町は なんぼです
大勉強で十五銭
三銭にまけとけ あかちょこべ

【4番】
もうしもうし床屋さん
頭をハイカラに つんどくれ
後ろ短く前長く
なるだけべっぴんさんが 好くように


黒田節

【1番】
酒は呑め呑め 呑むならば
日本一(ひのもといち)の この槍を
呑みとるほどに 呑むならば
これぞまことの 黒田武士

【2番】
峰の嵐か 松風か
尋ぬる人の 琴の音か
駒をひかえて 聞くほどに
爪音しるき 想夫恋(そうふれん)


▲上へ戻る